不動産の契約審査

不動産購入、借入時の審査


トップ » 不動産購入、借入時の審査

不動産の賃貸契約時の入居審査

不動産の賃貸契約をする場合には、必ず入居審査が行われます。これは、家賃を滞納するような人や、トラブルをおこしそうな人の入居を阻むために行われます。入居審査の際の基準は、年収、雇用形態、保証人、人柄などです。年収の基準は家賃3年分以上の収入があれば大丈夫です。職業に関しては、フリーターなど収入の不安定な方は正社員に比べて厳しくなりますが、絶対無理というわけではありません。現在の住居において、滞納などのトラブルがなければ契約してもらえる可能性はあります。また、不動産の賃貸契約の際に、申込書に年収や雇用形態など嘘の記載をする人もいますが、会社等に問い合わせの電話が入るのでそれはやめておきましょう。

購入時の住宅ローンの審査

不動産物件を購入する場合には、全額現金で買うという人は少なくなっています。ですから住宅ローンを申し込むことになりますが、住宅ローンの審査は、クレジットカードなどのそれと比べるとかなり厳しく、審査時間もかかります。不動産物件の価格は数百万円から数千万円になりますから、金融機関のほうも慎重になります。住宅ローンの審査では、年収の基準ももちろん大切ですが、今までクレジットカードの返済などで延滞履歴がないかどうかといった細かい信用情報をチェックされます。ポイントは住宅ローンを支払いきれるかどうかといったところです。