5年目不動産について

不動産所有5年目の売却


トップ » 不動産所有5年目の売却

不動産の所有期間には注意が必要

不動産を売却する時には、課税譲渡所得に対し住民税と所得税を支払わなければいけませんが、所有していた期間によって税率が変わってきます。所有期間が5年以下の短期譲渡所得だった場合は、所得税が30%、住民税が9%で合計39%になりますが、所有期間が5年以上の長期譲渡所得だった場合は、所得税が15%、住民税が5%で合計20%になり、短期譲渡所得だった場合の約半分の税率になります。所有期間は不動産を売却した日付ではなく、売却した年の1月1日を基準に計算されているので、所有期間の計算をするときには注意が必要です。

物件売却時には短期譲渡に注意

不動産売却時には短期譲渡と長期譲渡といった区分で所有期間に応じて譲渡所得にかけられる税率が変わりますので、注意してください。特に5年以内の短期譲渡所得となりますと、所得税30%、住民税9%と合計39%となります。ただ、5年超の長期譲渡所得となると、合計で20%となりますので、約2倍の違いが出てきます。仮に不動産を所有して来年5年目を迎えるとしたら、すぐに売却することをやめておき、5年を経過するまで待ちましょう。また、どうしても売りたい場合には、買い付けがあったときの金額を見て断るということも一つの方法です。